Away from…

全力でぶつかれっ!!

<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.07.01 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2012.07.01 Sunday

Kick Ass

★★★★

最初のストーリーの掴みは
まぁ星三つくらいのもんだったが
時間ぎ経つごとに
上がってくる、そんな映画。

アクションでは本当にベタな
悪いやつを追い詰めて倒す、
その過程でヒーローが負けそうになる。

けど最後にまた正義のヒーローが現れる。

ベタなんだけど忠実すぎて上がる。

特に最後の、
主人公が女の子を助けるべく
ロケット?で登場するシーン、

ボス倒すために
バズーカ持って登場するシーン、

ここの見せ方は
100点満点だと思う。

思わず両手上げてマザーファッカーと
叫んでしまうくらい興奮する。


次作があるそうで、
期待を込めて星四つで。

2012.06.24 Sunday

Burn after reading

☆☆☆

1枚のCDを巡り
様々なハプニングが起こるドタバタ?コメディ。

おもしろんだけど、
内容が薄い。

大笑いするわけでもなく、
ハラハラするわけでもなく、
本当に薄い。

それでも、
豪華キャストが見せる演技はやっぱり魅かれるし
それだけでも十分楽しめる作品なんだと思う。


起承転結で言えば
起から既に薄さは始り
最後まで濃くなることがなかった。

特に結の部分は、
ん??みたいな、
そらそーだわなみたいな。

一番気になったのはブラピが射殺されるシーン。
突然過ぎるし、物語上、
あのタイミングで死ぬ必要はなかったと。

ごっついキャスト揃えた割に
非常に内容が残念だけど、
その辺が逆に○って人も中にはいるんじゃないでしょうか。

ただ、良かったのは時間。
100分弱で楽しめるんだから特にストレスも感じなかった。

以上


2012.05.15 Tuesday

誰かの為にと言い聞かせていた

なにもない。
怒られることも。
ただ退屈に日々は過ぎてく。

ソラニンで会社生活は
我慢大会って書いてたけど
ほんまにそうや。

たまに差す光に希望なんて抱けない。

大人たちの会話もくだらん。

面白くない。
おもんない。
くだらん。

そもそも服なんて誰も欲してない

衣食住なんて良く言ったな
一部の、ごく一握りの
人間しか当てはまらない

業界ごと沈没してしまえばいい…


2011.11.26 Saturday

腹がたつ

あんな小さい企画会社のために
苦しめられていることに
腹がたつ。

あー
思い出せば思い出すほど
苦しくなる

思い出さなければいいが
浮かんできてしまう

腹がたつ

早く何もかもから脱却したい
辞めたい

2011.11.20 Sunday

教えてくれないか

色々あって一ヶ月経った。

先週は課の先輩と初めて
飲みに行った。

いろいろ仕事のこと言われた。

分からん
わかんね

説教でもないけど
意味がなかった
むしろ自分がそうしなければ
ならないのかと
また悩んだ

唯一尊敬出来る好きな先輩
やったけど
なんか複雑な気持ちで仕方なかった

二日経って
だいぶ落ち着いたけど
悩みが耐えない


会社に入って
小さい事まで厳しく言われて
苦しんで悲しんで
忙しい日々に追われ
周りににはそれなりに
評価されてきたかもしれないが
何も得たものはなく
刻み続けられた傷で心が折れ
悩んで出した答えも
他の悩みと比較され
その尺度で物を言われ
一体何やってんだろ








ミスチル聞いてたら癒された

白か黒で答えろと言う
難題を突きつけられ
ぶち当たった壁の前で
僕らはまだ迷っている
迷ってるけど

白と黒のその間に
無限の色が広がっている
君に似合う色探して
やさしい名前をつけたなら

ほら一番綺麗な色
今 君に贈るよ

2011.11.13 Sunday

何処へ

浮き沈み
減って来た。

前に進めてる


いろいろ想像して
とにかくイメージ

自分ならなれるって
そのイメージ。

土曜日は
やっと一歩踏み出せた。

大変なのはこれから
金も
時間も
体力、知力
全てが必要。

負けられない。

とにかく
なれる
っていう
そのイメージ。

そのイメージだけ。

2011.11.11 Friday

灰色に暮れた人生

体はだいぶ良くなった。

一時期の泥みたいに沈んだとこからは
出れた。

今のポジションは
楽でいい。

こんなん言ったらあかんのやろけど。

ゆっくり
着実に前に進んでると思う。

違う道やけど。

▲top